学校長紹介
              よしふみ
校長  田坂 吉史


1957年 長崎県生まれ 1981年 静岡大学農学部園芸学科卒業、長崎県立高等学校教諭として勤務。 その後、農業高校を中心に教頭を5年、校長を6年勤め、島原農業高等学校校長を最後に2018年、定年退職。 同校では在任中、JGAP認証を取得し、学生に食品安全、環境保全、労働安全等の観点から求められる農産物の在り方を教えた。 また、校長時代、学校安全功労内閣総理大臣表彰の受賞、日本学校農業クラブ連盟全国大会の審査員長を務めるなどした。 2018年から2年間は食品関係の企業でHACCP導入による衛生管理体制の構築や人材育成に力を注いだ。 2020年から現職。JGAP指導員資格を保有。   研究  ○「バイオリアクター」に関する研究  ○県工業技術センター、諫早市農林部と「タマネギ酢の製造」について研究  ○県工業技術センター、企業と「バイオ脱臭剤の効果」について研究  ○「農産物の有効利用」に関する研究


~校長挨拶~

 本校は、1990年に開校し、本年で30年となる節目を迎えます。 私で5代目となり、これまでに甚大なる功績を残された歴代の校長先生方に敬意を表します。 さて、一粒万倍という格言があります。これは一粒の種から一万倍もの収穫があること。 わずかなものから多くの利益を得るたとえとして、使われますが、生物の持つパワーは、無限です。 また、土に関しては「人土を愛すれば、土人を養う」という格言があります。文字通り、土の偉大な力を表現した言葉です。 本校は、この種と土を主にして、自然を尊重した自然農法の基礎・基本を習得し、普及拡大を目指す農業教育を行っています。 さらに、農医連携教育にも取り組んでいます。「農」は、食料、エネルギーを生産し、生命の維持、生活の向上に貢献しています。 一方、「医」は、倫理観と生命科学に関する知識及び技術に基づいた医療を介して、健康に貢献しています。 そうしたことから、本校では、「農」と「医」は、互いに人の健康に寄与するという点において、密接に結びついていることを、実践を通して学びます。 私たち教職員は、健康で豊かに暮らせる社会を望み、農業に夢と生き甲斐をもつ学生の入学を心待ちにしています。


開校の趣旨と研修目標
本校では、農業に夢といきがいをもち、人々が健康で豊かに暮らすことができる社会づくりに貢献しようとする者を対象に、下記の目標を掲げ、 環境との調和をはかる持続可能な農業について体系的かつ実践的な研修を行い、農業者、農業技術普及員、農産物流通業者等として、必要な能力の向上と人格の涵養を図っています。   1.農業に関わる実践的な知識・技術および精神の付与。 2.「持続可能な農業」を基盤にした健全な農業経営に関わる知識・技術の付与。 3.自然を尊重し、その摂理に従い発展する社会の福祉増進、文化向上に資する知識の付与。

◆学科
学  科 期   間 概   要
基礎技術科 1年制(全寮制) 野菜・稲作
営農技術科 1年制(全寮制) 専攻(野菜・稲作・畜産から選択)

◆履修科目
令和2年度 研修課程

大学校TOP